ハンドルname:NO.10 mayu さん
2011/4/23 BIG4 IN US Empire Polo Club Indio, CA

<4月21日>
 
サンフランシスコ空港に到着したときは、感動しました!!
ものすごくメタリカに近づいた気がして!!
 
ホテルにチェックインして、時差ボケで少し頭が痛かったけど、すぐにメタリカ総本部HQを目指しました。
(住所とかは事前に調べてました)

ここはメタリカの事務所やファンクラブ、スタジオなんかが入ってるところです。
ライブ2日前ということで、メンバーがリハーサルのためにいるかも?なんて期待してました。

サンフランシスコ中心部からゴールデンゲートブリッジを渡って タクシーで30分。
San Rafaelという街に行ってきました。
 
写真だとちょっと見えづらいかもしれませんが、この落書き!!
これが見えたときは、一気にテンションあがりました!!!
 
 
 
建物の窓には黒いフィルムが貼ってあるのか、中が見えないようになってました。
周りに人の気配がまるっきりなかったけど、ぼんやり重低音は聞こえてきたから、
きっとメンバーが中にいたと思います!!
 
 
HQの周りは広い芝生があったり、テニスコートがあったり、こんな小川みたいなのもありました。
カエルの鳴き声もしました。
とてもこんな静かな町から、あんな激しい音楽が生まれてくるとは思えません。
 
 
 
メンバーの出待ちとかすればよかったけど、何時間も時間をつぶせるような場所じゃなかったので、
写真だけ撮って帰ってきました。
 
 
 
<4月22日ー23日>
 
 
サンフランシスコに1泊して、翌日に飛行機でパームスプリングスに移動しました。(SFから1時間20分)
 
パームスプリングス空港から、ホテルまで、タクシーでさらに30分。
遠い。アメリカは広い。移動が大変!!
 
 
ホテルでもらったVIPグッズです。
(ホテル付きVIPパッケージの人は、ホテルでチケットが引き換えられました)
入場用の一般チケットの他に、VIP用のリストバンド、メタリカロゴ入りの日焼け止めクリーム、リップとか。
 
 
 
そしてライブ当日は、このホテル前からバスで会場まで移動しました。(約10分)
 
 

 
当日はとてもお天気がよくて(いつもいいんだろうけど)、
だけど我慢できないほど暑いわけではなく、とても快適でした。

入場前は、持ち物検査があるのでガールズラインに並ばされたけど、
男性の列から先に通されたので、結構待たされました。
男性ファンのほうが圧倒的に多いのに・・・
レディーファーストの国じゃなかったの?って。
ここでやる気をそがれなければ、ステージ正面、最前を目指してたかもです。
 
 
VIPエリアってどんな感じなのか全然予想がつかなかったけど、
ステージの横のほうに作られた広い場所で、自由にステージ正面の一般エリアと行き来できました。
(一般チケットの人は、VIPエリアには入れない)

屋根付きテントがあって、座るところもたくさんあって、屋台もあって、食べ物がいろいろ売ってました。
(タダじゃないのがあれ?という感じ。
だってVIPエリアの特典として食べ物がある、って書いてあったから。タダだと思ってたんですけど) 
 
 
 
オフィシャルのTシャツとか、どこで売ってるのかな、ってさまよってたら(結局見つからず)、
あっという間にアンスラックスが始まりました!!

今から一般エリアで頑張ってたらメタリカまで体力持たないっ!て思って、
アンスラックスの間は私はVIPエリアでゆったり座って見てました。

それはそれでおもしろかったです。
陽が明るかったんで、会場全体見渡せて、人間観察とかできたし。
 
会場は、コーチェラという音楽フェスが行われる場所らしいけど、すごく広かったです。
(行く前にコーチェラの映像を見てたけど、人の多さにびびってました)
 
 
いろんな人がいました。いかにもって感じのメタルシャツの人がほとんどだけど、
ちょっと場違いなぐらいのキレイな恰好した人もいたし、
親子連れもいました。親子でVIPエリアって、すごいお金持ち。

日本人、それ以前にアジア人っぽい人たちは見かけませんでした。
 
 
 
アンスラックスはちょうど1時間ぐらいで終わって、次。メガデス。
 
 
HANGERで泣いてしまいました。メガデスもかなり好きなバンドなんですよね。
この分だと、あっという間にメタリカになっちゃうなー。
ずっとメガデスを見てたかったけど、メタリカまでに何か食べなきゃ、って、泣く泣く、途中退席。
 
グリル・エム・オール、食べてみました!!
ここはとても混んでたけど、帰ってからナットク。有名なお店だったんですね。
 
ディー・シュナイダーがおいしかったです。
ピーナツバターとベーコンの組み合わせがよかった。(でも5口ぐらいで飽きた)
 
 
次。スレイヤー。
 

やっぱり今からメタリカのために準備しないと、って感じでジワジワ、ステージ脇から前方に攻めていこうと
思ったら、あれっ!ステージ前のエリアがまた区切られてる!

警備員がいて、通れる人、通れない人がいて・・・やっぱり関係者しか入れないのかな。
って思ってボーっと近づいて行ったら、中に入れちゃった!!

 
ヤッターーーーーーー!!(でもなぜ?)

 
後から気づいたけど、VIPリストバンドをしてる人は、中に入れたらしいです。
どっかに書いてあったかな?メタリカの前にそのことに気づいてよかったーー。

で、こんな5万人の大観衆の中で、脇のスクリーン前だけど、何の苦労もなく前から2列目をゲットしました!!
 
しかも最前の男の人たち、ちょっと小柄な人たちで・・・その人たちの後ろを陣取ったってこともあるけど。
 
よ~~く見えました!!

 

 
VIPエリアはリゾート気分の人が多かったかも。
後から映像見て思ったけど、だからノリがいまいちって気もしました(私の周りだけかも)。
それに対して、後ろの一般エリアの中に入ればもっとノリが違ったんだろうけど、
ちょっと怖かったので・・・(それにやっぱり前の方がよく見えるし)

 
そんなことを考えながら、スレイヤーの演奏は続いていきます。

 
途中、ハンネマンも出てきました。

右手のケロイド状の傷跡(古傷?)がすごくて・・・こんな腕でよくギター弾けるなと思いました。
左手はカバーがされてて見えないようになってました。
普通に弾いてたと思うけど・・・体調はどうなんでしょう。

スレイヤーは、Angel of deathで終了。
 
 

陽もいい具合に落ちてきて、さぁ、次はいよいよメタリカだ~~!!

一気に人の密集度が高くなりました!!

いつものようにECSTACY OF GOLDが始まって、私はまた感極まって泣いてしまいました。
あぁ、ようやくメンバーに会える!!
私はこの瞬間のため、はるばる日本からやってきたんだ!!
オープニングはCreeping deathから始まって 気分がガーーー!!ってなったけど、
興奮して壊れるっっーー!!ってほどではありませんでした。
マグネティックツアーから、ライブ見るのはもう5回目なんで、意外と冷静でした。

 
それでも OrionとOneを続けて聴けて、私はずっと泣いてました。
この二つの曲聴くと、メタリカってすごいなぁってしみじみ思うんですよね。
 
Master of Puppetsで 周りでケンカが起きて、とばっちりで頭を殴られました。
確かオーストラリアでもこの曲でケンカが起きました。
この曲は本当にキケン!!!みんな興奮するのはわかるけど!!
 
周りの人たちは曲を最初から最後まで歌ってて、歌えるのがうらやましかったです。
スレイヤーの時はみんな歌ってなかったから、ほとんどがメタリカファンなのかも。
 
 
 
カメラがの性能が良くないから小さくなってるけど、もっと近く感じました。
 
 
 
贅沢だけど、前過ぎて首が疲れました。
 
 
曲の流れはいつものワールドマグネティックツアーな感じで、
パイロもいつものタイミングで出てくるし、S&Dでビニールボールも出てきたし、
マグネティックツアーのインディオ公演を見に行った感じでした。
 
他のバンドはひたすら演奏に集中してたけど、メタリカだけはステージ全体を走り回って
ほんとに隅々まで来てくれました。
(それがすごくうれしい)
 
スクリーン4分割して、離れたところにいるメンバー4人を同時に見せるやり方も、メタリカのときだけ。
本当にかっこいい!!

Am I Evil? のときは、ジェイムズが他のバンドのメンバーに声をかけながら回っていて、
やっぱりメタリカが この日のショーを仕切ってる感じがしました。
でもそろそろ他の曲もやったら?と思うんですがどうでしょう。
一瞬だけHelplessのドラムが聴こえた気がして、今日はこの曲か!って期待したんですけど・・・

あ~~、でもやっぱりメタリカは別格、最高です!!
 
 
2時開場、4時開演、メタリカ終了は10時半ぐらいだったかな。
4バンドしかなかったのもあるけど、あっという間のライブでした。

 
終わった後、VIP向けのバスが待ってる駐車場に向かって歩きましたが、
途中の道路がすごく暗くて、他に歩いてる人もほとんどいなくて
(ほとんどの人が、一般駐車場に向かってたから)、かなり怖かったです。

女二人で。何かトラブルに巻き込まれたらどうしようかと思いました。
無事にバスまでたどり着けて、こうやってレポート書いてますが。
 
 
次にメタリカに会えるのはいつになるのかなーーーと、今からもうさみしくなっています。
 
終わり。



HOME LIVE GALLERIES VIDEO NEWS SPECIAL GUITARS
Coryrightc2010 METALLICA-JAPAN.COM ALL Rights Reserved. Design & Technology by KINOKUNIYA GAKKI.